FC2ブログ
 
■プロフィール

fands creative

Author:fands creative
ファンズクリエイティブは、工務店情報誌『家づくりNAVI 茨城』を発行している会社です。執筆者は編集スタッフの4名。それぞれの視点で、家づくりの参考になる情報や日々の活動で感じたことを綴っていきます。工務店の方々や施主様の生の声など、貴重な情報をお届けしていきたいと思います。

写真は今年の干支、丑の縁起物です

■ようこそ! いらっしゃいませ

本日はご来訪いただき、ありがとうございます。あなたは

番目のお客様です。どうぞ、お気軽にご要望やご意見・ご感想をお書き込みください。

■リンク
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

二宮に行こう!
090925-1.jpg

二宮と言っても栃木県の二宮ではありません。


090925-2.jpg

ここは常陸国の二宮、那珂市(旧瓜連町)にある静神社です。

だいぶ前に常陸国三宮である吉田神社(水戸市)に行ったことをきっかけに、今度は二宮にも行ってみようという話になったわけです。誰とそんな話になったのかというと…同僚のOZ氏です。じつは、OZ氏は日本史にとても詳しかったのです。


090925-3.jpg

こちらは拝殿です。静神社の祭神は建葉槌命(たけはづちのみこと)、名倭文神(しどりのかみ)など。名倭文神は織物の神様だそうです。ちなみに、『常陸風土記』には次のような表記があるそうです。どんな内容かというと…

この地方は「静織りの里(しどりのさと)」と呼ばれており、初めて綾織物が織られた所である云々。



現在の本殿と拝殿は、水戸九代藩主徳川斉昭(なりあき)が天保十三年(1842)に再建したものです。(同神社は徳川家からだけでなく、その前の豊臣家からも寺領の寄進を受けていたそうです)

常陸国二宮がこの地にあるということは、この地方が重要な場所であったことを意味しているのではないでしょうか。じつは、この地域は以前「瓜連町」と呼ばれていました。この瓜連という地名が個人的に気になっていました。なんで瓜連(うりづら)なんだろう? と。

瓜はアイヌ語で丘を意味する言葉だそうで、丘のような山々が連なっているから瓜連という地名になったと言われています。本当でしょうか? もっと別な意味や由来があるような気がして仕方がないのですが、歴史音痴な自分は真偽を検証する術がありません。



(mac33)




*瓜連のアイヌ語説について、OZ氏に訊いてみました。すると、茨城あたりにはアイヌ語が語源と思われる地名が多数あるとのこと。それを聞いて「瓜連=丘が連なる」という由来にも納得できる気がしてきました。

スポンサーサイト





茨城を知りたい | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
住まいの情報発信局 RESORA
拝見させていただきました。
2009-09-27 日 17:38:48 | URL | RESORA [編集]
RESOLAさん、はじめまして。

ご来訪ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。
2009-09-27 日 20:13:06 | URL | mac33 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する