FC2ブログ
 
■プロフィール

fands creative

Author:fands creative
ファンズクリエイティブは、工務店情報誌『家づくりNAVI 茨城』を発行している会社です。執筆者は編集スタッフの4名。それぞれの視点で、家づくりの参考になる情報や日々の活動で感じたことを綴っていきます。工務店の方々や施主様の生の声など、貴重な情報をお届けしていきたいと思います。

写真は今年の干支、丑の縁起物です

■ようこそ! いらっしゃいませ

本日はご来訪いただき、ありがとうございます。あなたは

番目のお客様です。どうぞ、お気軽にご要望やご意見・ご感想をお書き込みください。

■リンク
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
古くさくなく、新しくもなく
090708-1.jpg

茨城の県央地域にある笠間。ここはとても不思議な雰囲気を持ったまちです。

住んでいたわけではないし、通ったわけでもないのに、まちを歩くとなぜか懐かしい気持ちになります。「芸術のまち」の空気がそう感じさせるのかと思いましたが、どうやら違うようです。

細い路地に入ったりすると、目の前に現れるのは一時代前の風景。昭和初期から中期に建てられたであろう家屋が残っている場所があちこちにあります。それが懐かしく感じる要因のひとつではないでしょうか。しかし、それらは将来に向けての保存対象にはならない建造物だと思います。きっと今ある建物が姿を変えてしまったら、印象はまったく違ってしまうでしょう。

昔の建物が多いにも関わらず、古くささはあまり感じません。逆に新しい建物や施設があちこちにできています。不思議なのは、新しいものが変に目立つことなく、古いもののなかにとけ込んでいること。時代の違うものが混在しながら絶妙にバランスを取り合っています。

なかでも、「芸術の村」周辺は際立って懐かしい空気感を漂わせる場所です。写真は北大路魯山人の住居を移築した春風萬里荘。ここは笠間日動美術館の別館になっている施設です。

090708-2.jpg

北大路魯山人といえば、書や陶芸、篆刻など、さまざまな芸術分野で才能を開花させた芸術家です。美食家としても有名で、料理にも精通した人物でもありました。有名な漫画『おいしんぼ』に登場する人物(海原雄山?)のモチーフになっているという話です。

個人的な想像ですが、多分野で才能を発揮できたのは本当の自由人だったからではないでしょうか。もちろん奔放さだけでは成功しないでしょうから、相当な努力もしたと思います。

写真は昭和40年に北鎌倉から移築された魯山人の家。茅葺き屋根の古民家です。

090708-3.jpg

すぐ隣には魯山人自ら設計した茶室「夢境庵」があります。庭園も見事な造りで、時間があればのんびりと散策したいところでした。そうそう、春風萬里とは李白の漢詩にある言葉で、魯山人が好んで用いていた言葉だそうです。

焼き物のまちとしてあまりにも有名な笠間ですが、陶芸以外にも見どころはいっぱいあるのです…


(mac33)
スポンサーサイト


茨城を知りたい | 23:59:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。