FC2ブログ
 
■プロフィール

fands creative

Author:fands creative
ファンズクリエイティブは、工務店情報誌『家づくりNAVI 茨城』を発行している会社です。執筆者は編集スタッフの4名。それぞれの視点で、家づくりの参考になる情報や日々の活動で感じたことを綴っていきます。工務店の方々や施主様の生の声など、貴重な情報をお届けしていきたいと思います。

写真は今年の干支、丑の縁起物です

■ようこそ! いらっしゃいませ

本日はご来訪いただき、ありがとうございます。あなたは

番目のお客様です。どうぞ、お気軽にご要望やご意見・ご感想をお書き込みください。

■リンク
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「花より団子」ですよね、春子屋さん
090525-1.jpg

じゃ~ん、買い食いオヤジ参上!

本日はお給料日。

ちょっと気分が大きくなって、お団子などいただきました~

くうぅ~、このあんこのボリューム感と言ったら、こたえられませんね。

これで315円。約たばこ一箱の金額ですが、とってもリッチな気分になれます。

090525-2.jpg

では、いただきま~す。

唾液腺を刺激する餡の香り。そして上品な甘み。白玉餅のようなやわらかな歯ごたえ。

小さな団子一粒ですが、お店の意気込みを感じさせます。

ついつい調子に乗って、一気に三個も食べてしまいました。

こんなおいしいお団子を独り占めしては申し訳ないと思い、残りは家に持って帰ることに。

(おいおい、どうせなら家族と一緒に食べればいいのに…)

すみません。我慢できませんでした。

090525-3.jpg

今回、お団子をいただいたのは、常総市(旧石下町)の国道294号バイパス沿いある「春子屋」さんです。

旧石下町の名物と言えばお団子(ほかに鶏肉屋さんで有名なところもあるとか)。

じつは以前、こちらのお団子をお土産でいただいて食べたことがあります。

その時から「もう一度食べたい」と思っていたので、数年越しの夢が実現したことになります。

ところで、なんで石下町で団子なのでしょう?

それは…



春子屋さんの本店は市街地(旧294号沿いだったかも)の方にあります。

お店の前に、昔は川(お堀?)があって、その川沿いに桜並木が続いていたという話です。

その桜の花を見に来た人たちに、春子屋さんは団子を振る舞っていたとか。

店先にある椅子に腰掛けて桜を愛で、お茶をすすりながらいただく団子は格別だったと思います。

現在、桜並木は見られませんが、お団子は今も人々に愛され続けています。

「花見と団子」いや、「花より団子」といったところでしょうか。

石下のお団子屋さんに、そんな歴史的なエピソードが隠されていたとは知りませんでした。



春子屋さんの創業は昭和の初め。すでに八十年が過ぎています。

目を閉じて味わうと、桜を見に来た人たちのにぎやかな足音が聞こえてくるような気がしました。



(mac33)




スポンサーサイト


気になるお店 | 23:45:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。