FC2ブログ
 
■プロフィール

fands creative

Author:fands creative
ファンズクリエイティブは、工務店情報誌『家づくりNAVI 茨城』を発行している会社です。執筆者は編集スタッフの4名。それぞれの視点で、家づくりの参考になる情報や日々の活動で感じたことを綴っていきます。工務店の方々や施主様の生の声など、貴重な情報をお届けしていきたいと思います。

写真は今年の干支、丑の縁起物です

■ようこそ! いらっしゃいませ

本日はご来訪いただき、ありがとうございます。あなたは

番目のお客様です。どうぞ、お気軽にご要望やご意見・ご感想をお書き込みください。

■リンク
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ありがたい交差点
090516-1.jpg

前から気になっていた交差点があります。これです。

090516-2.jpg

場所は古河市(旧総和町)の国道354号。

このあたりの地区名は、もちろん「釈迦」です。なぜこの名前がついたのか気になります。ネットで検索したら…

「昔、この地にあった沼の岸にお釈迦様の像が流れ着いたと言う伝説が地名の由来と聞 いています」と、区長さんが語った一文を目にしました。

釈迦とは、なんともありがたい名前です。そもそも「ありがたい」とは「有り難い」の意味だそうで、普通にはありえない特別な物や事を指すと聞いたことがあります。まさに釈迦はそんな名前ではないでしょうか!

ほかにもこんな交差点名がありました。


090516-3.jpg

さ~、水海と書いて何と読むのでしょう。

あれ、普通に訓読みを重ねて「みずうみ」でした。でも、ちょっと目を引く名前です。


(mac33)


スポンサーサイト
信号待ちの車窓から | 21:26:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本で一番短い交差点名
090605-1.jpg

「田」です。これはもちろん、「た」と読みます。

日本、いや世界一短い名前の交差点でしょう。

この信号は、桜川市(旧真壁町)にあります。



(mac33)

信号待ちの車窓から | 23:59:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
提灯屋の勘違い?!
090519-1.jpg

結城市のとある信号機についている名前にご注目下さい。

大戦防(だいせんぼう)ってすごい名前だと思いませんか? 

こりゃ、かなりのインパクトです。

数か月前に営業で結城市周辺を走り回っていたときから気になっていました。

かねてより、この名前はみなさんにお知らせしなければと思っていたんです。

090519-2.jpg

信号のすぐ近くにはこのようなものもあります。

地域の人たちがすごくまとまっているのがわかります。

とてもすばらしいことではないでしょうか。



ところで、なぜ大戦防という名前がついたのでしょう。

戦国時代にこのあたりでものすごい戦でもあったのでしょうか?

自分はそう思っていました。ところが…

ここの地名はもともと「大仙坊」あるいは「台仙坊」だったようです。

その意味は、(大)おおいに、(仙)しずかなる、(坊)つか。

それがなぜ、今の地名になったのでしょう。

なんと提灯屋さんの勘違いという説が有力だそうです。

詳しくはこ下のサイトをご覧下さい。

大戦防SITE ←地元の方々が運営するサイトのようです。

(本日の記事を書くにあたり参考にさせていただきました。この場を借りてお礼申し上げます)

090519-3.jpg

「この信号をどうしても見たい」という方は、

結城市の国道50号バイパスから県道17号に入り、境町方面に向かってください。その途中に、今回ご紹介した信号があります。


地名って本当におもしろいです。県内各地を走っていると驚くような地名に遭遇することがあります。今後も「これは!」と思う地名を見つけたらどんどんご紹介したいと思います。

では、また~


(mac33)



信号待ちの車窓から | 22:41:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
信号待ちの車窓から
090515-1.jpg

こちらは茨城県北部・常陸太田市にある駅です。

以前は日立電鉄の「常北太田駅」が道を挟んだ向かいにありましたが、廃線にともなって駅舎は姿を消しました。

写真の「常陸太田駅」は、常磐線ではなく水郡線の駅です。

ちなみに、この常陸太田駅は終着駅であり、始発駅でもあります。それはなぜかと言うと…

水郡線は文字通り水戸と郡山を結ぶ路線ですが、那珂市の上菅谷駅を過ぎると分岐し、一方は郡山へ、もう一方が常陸太田へ向かうからです。



さて、昨日は各地の書店さんの挨拶回りに行ってきました。

この写真は常陸太田市の書店さんの訪問の帰り、信号待ちをしているときに撮りました。

せっかく茨城県内を走り回っているので、信号待ちの時間を利用して各地の風景をカメラに収めようかと考えました。ほんの一瞬、しかも車の座席から撮るスナップショットなので内容が薄いとは思いますが、それとなく各地のようすが伝われば幸いです。ということで、新しく「信号待ちの車窓から」というカテゴリーを作ってみました。

次回はいつになるかわかりませんが、期待せずにお待ち下さい。では、また~


(mac33)

信号待ちの車窓から | 23:59:58 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。